BLOG

2021.02.18更新

 5-ALA (ファイブアラ)と言われて、分かる方はまず居ないと思います。

「5−アミノレブリン酸」と呼ばれる発酵食品に多く含まれるアミノ酸で、

新型コロナウイルスに対する強い感染抑制効果があると

最近、長崎大学の研究結果が発表されました。

 実は当院では2年前からワンちゃん、ネコちゃん用

5-ALA 配合サプリメントを使っています。

もちろんコロナ対策ではなく、

血液検査で糖質に問題があることが分かったワンちゃん、ネコちゃんに対してです。

カツオブシで味付けされた錠剤で、体内で不足がちな 5−ALA を補うことで、

ミトコンドリアを活性化、脂質代謝、体重管理が期待でき

健康維持に役立ちます。

 

投稿者: 鏡どうぶつ病院

2021.02.10更新

 最近のニュースでは新型コロナウイルスに対するワクチン接種について流れていますが、

その内容は、いつ接種できるか? どこのメーカーのワクチンか?

安全性は? 副反応は? 不安要因が幾つも上ります。

 

 ワンちゃん ネコちゃんのワクチン接種にも同様に不安があるかと思います。

安全性は非常に高くなっていますが、ワクチン接種後

熱が出たり、注射部位を痛がったり、

元気が無くなったりが起きる事があります。

通常は数日で回復しますが、稀にアナフィラキシーが起きる事があります。

蕁麻疹や顔面の腫れ程度のものから、

血圧低下、呼吸困難と云った重度のショック状態に陥る事もあります。

副反応の発生率は0.001〜0.5%と言われています。

残念ながら接種前に副反応が起きるかは誰にも分かりません。

接種当日は激しい運動、シャンプーは避けて、おとなしく過ごして下さい。

接種後、異常がみられた場合は、早めに連絡をして下さい。

投稿者: 鏡どうぶつ病院

2021.02.03更新

 人間の世界では新型コロナウイルス感染症の予防で、皆がマスクを着用しているので

風邪やインフルエンザが例年より少ないと聞きましたが、

ネコの世界では例年通り流行っています。

原因はネコヘルペスウイルスによるもので、

感染ネコが排泄したウイルスを含む分泌物を経口的に取り込むことで

感染します。

元気消失、食欲不振のほか、目ヤニ、涙目、クシャミ、ハナミズ

と云った典型的な症状が見られます。

回復後もウイルスのキャリアとなるため、他のネコへの感染源となります。

外で保護した子ネコの感染率は非常に高く、かわいそうだからと

家に向かい入れた為に先住ネコにも感染したと云う事もあります。

検査会社によると先住ネコがワクチンを接種していても30%が

ヘルペスウイルス低抗体価と云うデーターもありますから要注意です。

保護ネコを家に入れる場合は感染症だけでなく寄生虫の感染も

確認するようにして下さい。

 

 

投稿者: 鏡どうぶつ病院

Animal-Hospital_info.png

bnr_content_bottom01.png

鏡どうぶつ病院 クリニックブログ鏡どうぶつ病院 クリニックブログ