猫のよくある症状・病気

1猫ウイルス性鼻気管炎

拾ってきたねこちゃんによく見られるのが猫ウイルス性鼻気管炎で、猫風邪や猫インフルエンザと呼ばれることもあります。目やにや鼻水、くしゃみといった症状が典型的で、目が白く濁ってしまうことも珍しくありません。お薬で治療できますが、すぐには症状が治まらないため、様子を見ながら適切な処置を行う必要があります。

2猫免疫不全ウイルス感染症

猫が外でケンカをした際に、傷口からウイルスが感染して発症します。一度感染すると体内から完全になくすことはできず、何年か後に免疫不全症候群を発症し、死に至ることになります。ただし、加齢やその他の原因で死亡するまで発症しないこともあります。ワクチンによる予防が可能ですので、必ず接種しておくようにしましょう。

3猫白血病ウイルス感染症

こちらもウイルスによる病気で、免疫力が低下する結果、細菌に感染しやすくなる、リンパ腫ができる、白血病になるといったことに繋がります。ウイルスに感染する経路としては、グルーミングや傷、エサの器の共有、母体から赤ちゃんなどがあり、特に幼い猫ほど感染しやすいことが知られています。根本治療は難しく、対症療法で症状を緩和することを目指します。ワクチンがありますので、予防接種で猫を守ってあげましょう。

4皮膚や毛につく寄生虫

ノミやダニ、シラミなど、皮膚や毛につく虫のことを、外部寄生虫と言います。いずれも酷い痒みが出ますので、猫は自分の身体を強く掻いたり噛んだりして、傷ができてしまいます。また、ノミの場合は血を吸われて貧血になることもあります。感染対策をして、身体に寄生させないようにしておくことが大切です。

Animal-Hospital_info.png

bnr_content_bottom01.png

鏡どうぶつ病院 クリニックブログ鏡どうぶつ病院 クリニックブログ