BLOG

2019.12.28更新

 動物愛護管理法の改正により、犬猫販売時におけるマイクロチップ装着の

義務化が決まりました。

そもそもマイクロチップとは何でしょうか?

背中に入れたマイクロチップを動物愛護センター等にある専用読み取り機で

スキャンすると、15桁の数字(マイクロチップ番号)が分かります。

これを登録先(公益社団法人日本獣医師会)に照合することによって

飼い主さんを特定することが出来ます。

災害時の迷子、遺棄されたペットの飼い主特定など、飼い主を特定する

必要性が高まっています。

既に飼育されているペットについては努力目標となっています。

 今現在、山形県獣医師会の協力により登緑料(1050円)のみで

入れることができます。

太めの針を使って入れます。

避妊、去勢手術をする予定があればそのタイミングがオススメです。

ご検討下さい。

投稿者: 鏡どうぶつ病院

Animal-Hospital_info.png

bnr_content_bottom01.png

鏡どうぶつ病院 クリニックブログ鏡どうぶつ病院 クリニックブログ