BLOG

2020.03.24更新

 そろそろお家に市役所、町役場から狂犬病予防注射案内のハガキが

届いている頃かと思います。

年々動物病院にて接種される飼い主さんが多くなっていますが、

まだ集合注射会場で受けられる方もいらっしゃいます。

 日頃行き慣れていない場所に連れて行かれ、

他のワンちゃん達が大騒ぎするのを目の前にして

ビビってしまう子も多い様です。

飼い主さんがリードを引っ張った拍子に首輪が抜けてしまい、

会場内を逃げ回る場面が必ず見受けられます。

首輪の装着が緩すぎるのが原因です。

首輪は装着して首との間に人間の指が2本程度入るくらいが

丁度良い状態です。

キツイとかわいそうだからと指が3本も4本も入ってしまう様では

緩すぎます。

リードを引っ張って首輪が抜けてしまう様では

首輪の意味がありません!

 逆に成長期のワンちゃんの場合、身体が大きくなっているのに

気づかず首輪がキツクなっている事があります。

胴輪(ハーネス)は引っ張られるのを前提とした装具なので

首輪より外れにくいですが、躾を含めたコントロールには

首輪より不向きです。

 

投稿者: 鏡どうぶつ病院

Animal-Hospital_info.png

bnr_content_bottom01.png

鏡どうぶつ病院 クリニックブログ鏡どうぶつ病院 クリニックブログ