BLOG

2019.12.24更新

 最近間違ったデンタルケアが伝わっていると感じています。

ひとつは無麻酔による歯石とり(スケーリング)です。

麻酔の危険度を煽り、無麻酔で処置をするトリミングサロンがあるようです。

一見お手軽な様に感じますが、大変危険な行為です。

不動化していない動物に対し、医療従事者でない者が鋭利な先端の器具を使うことで

歯肉や舌、口腔粘膜に傷を付けてしまうことがあります。

歯石を取った歯の表面はデコボコしているため、次の歯石が付きやすい環境になります。

病院ではスケーリングの後、ポリッシングと云う研磨を行います。

歯石がひどい場合、歯肉が痩せて容易に出血を起こし、

痛みを感じるばかりでなく恐怖心を与えてしまいます。

また舌側(内側)の歯石は取ることができず、進行してしまいます。

アメリカ獣医歯科学会、日本小動物歯科研究会のHPでも警告されています。

 

もうひとつはオヤツ、歯磨き代わりにヒヅメを与えることです。

美味しい味付けで無心になって噛み続けますが、ヒヅメは固すぎます!

大人の歯(永久歯)であっても歯が負けます。

つまり歯が割れてしまい(破折)、割れた断面から感染を起こすことになります。

与えるオヤツの硬さとしては人間のツメを立てた時に、ツメが食い込む硬さです。

 正しいデンタルケアについて、お気軽にお尋ねください。

投稿者: 鏡どうぶつ病院

Animal-Hospital_info.png

bnr_content_bottom01.png

鏡どうぶつ病院 クリニックブログ鏡どうぶつ病院 クリニックブログ