BLOG

2019.03.28更新

 今年の冬は雪が少なく、雪カキの頻度が少なくて助かりました!

(まだ除雪機は片付けていませんが、もう出動は無いでしょう)

でも、良い事ばかりでは無くて、ノミやダニの発生が例年より早い様です。

 

 近年ニュースを騒がせているSFTS(重症熱性血小板減少症候群)は

SFTSウィルス保有のマダニに咬まれることでヒトが感染します。

山形県ではSFTS患者の報告はありませんが、SFTSウィルス遺伝子陽性のマダニが確認されています。

ヒトへの被害は毎年増加傾向にあり、2018年12月までに全国で396症例が報告され、

うち65人が死亡しています。

 

 外から戻ったワンちゃんネコちゃんの被毛のうすい目、鼻、耳、指の間にマダニがいないか確認してください。

もし咬まれていた場合は無理に引き抜こうとせず、ご来院ください。

外に出る機会の多いワンちゃんネコちゃんには、予防薬 駆除薬の投与をお薦めします。

 

 なおご自身がダニに咬まれた場合、

数週間は体調の変化に注意して発熱等の症状が現れた場合は医療機関を受診してください。

投稿者: 鏡どうぶつ病院

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

Animal-Hospital_info.png

bnr_content_bottom01.png

鏡どうぶつ病院 クリニックブログ鏡どうぶつ病院 クリニックブログ